相続・遺産分割・遺言                                 ≪個人のお客様

◆遺言書の作成・・・「相続」が「争族」とならないために

相続が発生した場合、相続人の間でたいへんに深刻な問題となる場合が少なくありません。
ときには兄弟間で骨肉の争いに発展するケースもあります。

しかし、被相続人となられる方は、遺産のことで遺族が争うことは決して望んでいないはずです。

自分の死後、遺族が紛争を起こさないように遺言書を残すことをお勧めします。

せっかく遺言書を作成しても、その遺言書が遺言として法的効力を持たなかったり、遺言者の意思が正しく遺言書に反映されないなどの問題が生ずることがあります。

そのようなことにならないように、弁護士の法的検証のもとに有効な遺言書の作成をお勧めします。


◆相続が発生した後について

相続が発生した後の問題としては、

・相続人の確定

・遺産分割協議書の作成

・遺留分、特別受益の有無

・負債がある場合の相続放棄、限定承認

などがあります。

問題解決のために、弁護士に相談することをお勧めします。

 

                      法律相談の予約はお電話で 

                       03-6272-5570

                     

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る