事業承継問題                                    ≪法人のお客様

 同族会社やオーナー企業の社長様にとって、ご自身が発展させてきた会社を後継者に承継することは、安心して引退する上でたいへん重要なことです。またご自身のみならず会社の従業員や家族、親族にとっても非常に重要なことです。

 例えば、長男に会社を承継させたいので、オーナーが会社に貸与している本社の土地建物及び会社株式を遺言により長男に相続させたいが、他にそれに見合うだけの財産がありません。仲のよくない次男から遺留分減殺請求を受けることが予想されるケースなど様々な相談があります。

 当事務所では、より円満に事業承継が行われるよう、ノウハウを提示してお手伝いしています。

 

                     法律相談の予約はお電話で 

                       03-6272-5570

                      

 

▲このページのトップに戻る