知的財産(知財)事件                                 ≪法人のお客様   

◆業務の内容

 @契約書の作成・検討
   権利譲渡契約、ライセンス契約、配信契約、
   原作使用許諾・商品化権使用許諾、 
   出版契約、出演契約、専属契約、
   肖像権・パブリシティ権に関する契約、
   営業秘密保持契約、
   アニメーションン・実写映画の製作委員会契約など

 A権利侵害への対応
  ・ 権利侵害者への警告
  ・ 権利侵害への警告に対する反論・対抗

 B権利の登録
   商標登録・著作権登録

 C鑑定意見書の作成・指導
 D不正競争防止法上の営業秘密保護対策
 E著作物、登録商標によるライセシングビジネスにかかるコンサルティング
 F広告代理店関連の契約案件、各種サポート活動
 GIT関連ビジネスの契約案件、各種サポート活動

◆権利防衛と権利侵害に的確に対応します

 エンターテインメント業界、各種ライセンスビジネス、キャラクターの商品化、海賊版など不正商品の対応、商標登録などのご相談に応じます。

 長年、映画会社、アニメーション映画会社、ゲーム製作会社、テレビ局、漫画家・小説家・監督などのクリエーター、玩具店・食品メーカー・衣類メーカーなどのライセンシー各社、出版社、広告代理店、IT関連事業者様など、エンターテインメントビジネス・著作権ビジネス・IT関連ビジネスに関わる法人様・個人様から、主に著作権法・商標法・不正競争防止法・下請法・景表法・個人情報保護法など知的財産権(知財)関連のご相談に応じて参りました。

 商標の登録業務はエンターテインメント業界固有のものではなく、メーカーや販売会社が扱う商品やサービス業者の提供する各種役務につき商標登録を得て有利に事業展開を図ることが可能です。商標調査をしないまま適当に商品に商標をつけて利用していると類似商品に類似商標を取っている先願の業者から、その商品等の製造・販売・宣伝等の差止や損害賠償請求を受けかねず事業に深刻なダメージを受けてしまいます。自らが商標権という権利を得てブランド化をはかるだけでなく、他人の商標権を侵害しないブランド戦略が実現できているかどうかといった視点から商標を検討する必要があります。

 この点、エンターテインメント業界では、漫画やアニメーションの作品名や代表的なキャラクター達の名称は、商標登録により権利化して権利防衛することは必須の作業です。 漫画、アニメ、ゲーム等は日本が世界に冠たるカルチャーでありクールジャパンの代名詞となっておりますが、その著作物はほぼ世界全般で保護を受け、著作物の二次利用(漫画のアニメ化、アニメのDVD化・ゲーム化・配信、キャラクターのフィギアなど玩具化、衣服・文具・食品への利用)によりもたらされる利益は巨額です。それらの関連企業のお手伝いをいたします。またこれら著作物の多くは、才能ある個人の漫画家などの作品に由来しますが、そのような作品管理・著作権管理・二次使用管理・契約案件のお手伝いをいたします。

 また、このような著作権ビジネスには、アニメ制作会社、デザイン会社、撮影編集会社、広告代理店、出版社、ライセンス商品のメーカー・販社など、多くの関連企業が展開しております。その際、関係する企業間の取引だけではなく、会員の囲い込みからは個人情報保護法や景品表示法の問題が関係し、キャラクター商品のインターネット販売では特定商取引法の問題と関係しますし、エンドユーザーである消費者とは消費者契約法の問題を生じます。幅広い知識と実務経験によりトラブルを未然に防止するお手伝いをいたしております。

 

                     法律相談の予約はお電話で 

                       03-6272-5570

                     

▲このページのトップに戻る