弁護士・弁理士紹介

●弁護士・弁理士 野田幸裕

・経歴

〔学歴〕 兵庫県立神戸高等学校・中央大学法学部法律学科卒業

〔資格〕 弁護士・弁理士

〔所属〕 第一東京弁護士会

〔主な経歴〕
(日本弁護士連合会関連)
 ・日本弁護士連合会消費者問題対策委員会幹事(民法改正部会)(平成25年〜同27年)
 ・日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員(契約法部会・民法改正部会)(平成21年〜同25年)
 ・日本弁護士連合会代議員(平成17年度)

(第一東京弁護士会関連)
 ・第一東京弁護士会消費者問題対策委員会委員長(平成23年〜同25年)
 ・第一東京弁護士会消費者問題対策委員会委員(平成11年〜現在)
 ・第一東京弁護士会消費者問題対策委員会副委員長(平成21年〜同22年)
 ・第一東京弁護士会常議員(平成17年〜同18年)

(日本国)

 ・文部科学省原子力損害賠償紛争審査会特別委員(平成23年〜現在)

(東京都関連) 
 ・東京都知的財産総合センター法律相談員(平成25年〜同28年、平成29年〜現在)
 ・東京都消費生活センター法律相談員(平成26年〜同28年)
 ・東京都消費者被害救済委員会委員(平成30年〜現在)                     

(東京都特別区関連)
 ・東京都練馬区法律相談員(平成18年〜現在) 
 ・東京都練馬区自転車駐車対策協議会副会長(平成19年〜同21年) 
(地区法曹会)
 ・練馬法律相談クラブ 会員(平成18年〜現在)
 ・練馬法律相談クラブ 幹事(平成28年〜現在)                                                                                                                                                                                                   

(独立行政法人等)
 ・独立行政法人国民生活センター紛争解決委員会特別委員(平成23年〜現在)
 ・公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会評議員(平成23年〜現在)
 ・公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会弁護士カウンセラー(平成14年〜同21年)     

(出身大学関連)
 ・中央大学学員会協議員(平成16年〜同29年)
 ・中央大学商議員(平成21年〜現在)
 ・中央大学法学部兼任講師(平成13年〜同15年)

(その他)
 ・東京三弁護士会金融ADR仲裁斡旋人(平成23年〜現在)
 ・一般社団法人日本商品化権協会正会員(平成23年〜平成30年) 
 ・東京都弁護士協同組合福利厚生委員会委員(平成11年〜同15年)
 ・財団法人法律扶助協会相談室嘱託(平成16年〜同17年)         
 ・岡本倶楽部被害対策弁護団副団長(平成22年〜現在)

 

・著書
 〔知的財産(知財)関係〕

 ・「著作権100講」(日本商品化権協会ニュース)(平成13年〜連載中)日本商品化権協会

 ・「著作権法を知ろう」(「国民生活」)(平成28年4月〜同29年9月)独立行政法人国民生活センター
 ・「不正商品の実効的排除方法」(マーチャンダイジングライツレポート514号〜519号)
  (平成15年8月号〜平成16年1月号)商品化権資料センター
 ・「アニメーション映画ビジネスをめぐる著作権法の理論と実務」(マーチャンダイジングライツレポート534号
  〜539号)(平成17年4月号〜平成17年9月号)商品化権資料センター
 ・「肖像等を利用した商品化権ビジネスの実務」(平成19年3月)社団法人日本音楽事業者協会(平成19年
  3月)

 ・映画「沈まぬ太陽」(監督 若松節朗 角川映画、平成21年公開)法律監修(共同監修)

 ・「具体的事例による著作権等他人の権利に関するコントロールのルール」(平成29年)(東京都「私は消費者」)

 ・消費者教育ビデオ「その著作権誰のもの?」法律監修及び解説書著作(平成29年)(東京都)

 

 〔消費者問題関係〕
 ・「判例でみるクレジット・サラ金事件の実務」(共著)(平成16年)第一東京弁護士会消費者問題対策委員会
  編集  新日本法規
 ・「多重債務Q&A改訂版」(共著)(平成16年)財団法人日本クレジットカウンセリング協会
 ・「多重債務Q&A三訂版」(共著)(平成19年)財団法人日本クレジットカウンセリング協会
 ・「新版クレジット・サラ金事件処理マニュアル」(共著)(平成17年)第一東京弁護士会消費者問題対策委員
  会編集  新日本法規
 ・「特商法・割販法 事例式解説」(共同編著)(平成23年)第一東京弁護士会

 

・主な講演

 〔知的財産(知財)関係〕

 ・「著作権法の概説と実務」(平成15年・同16年)(アニメーション製作会社様、新入社員教育講演)(於.本
  社)
 ・「不正商品の実効的排除方法について」(平成15年)商品化権協会総会記念講演(於.銀座ラフィナート)
 ・「映像著作権ビジネスと商品化権契約」(平成17年)(財)東京都中小企業振興公社知的財産総合センター
  主催 「東京都知的財産シンポジウム」(於.東京国際展示場(ビッグサイト))
 ・「肖像等を利用した商品化権ビジネスの実務」(平成18年)(社)日本音楽事業者協会主催「第37回マネ
  ージャー養成講座」(於.日本音楽事業者協会会館)   
 ・「デジタル化時代の映像著作権ビジネスの実務」(平成26年)(東京都知的財産総合センター主催)(於.
  東京都産業労働局秋葉原庁舎)
 ・「デジタル化時代の映像著作権ビジネスの実務」(平成27年)(東京都知的財産総合センター主催)(於.
  ジーニアスセミナールーム秋葉原)
 ・「デジタル化時代の映像著作権ビジネスの実務」(平成28年)(東京都知的財産総合センター主催)(於.
  東京都産業労働局秋葉原庁舎)

 ・「著作権法について学ぶ」(著作物の利用についての実務的注意点)(平成28年・29年)(千葉県主催)

 ・「著作権・肖像権についての行政担当者の実践的対応法」(事例で学ぶ著作権の各種制限・マスコットキャラクター

  の採用と管理)(平成29年)(国民生活センター主催)

 ・「情報社会と権利侵害」(平成29年)(東京都消費生活総合センター主催) 

 ・「著作権法違反にならないために知っておきたい法律知識」(平成30年)(国民生活センター主催)

  (全国の地方自治体及び消費者相談センター用オンデマンド配信授業)

 

 〔消費者問題関係〕
 ・「盗難クレジットカードの不正利用に関する免責条項の問題(平成26年)(東京都消費生活総合センター
  主催)
 ・「業務提供誘引販売業者対応の実務(ドロップシッピング業者へのクーリングオフを巡る攻防)(平成27年)
  (東京都消費生活総合センター主催)
 ・「契約・錯誤無効・条件各の成否の比較を巡る事案処理(平成28年)(東京都消費生活総合センター 主催)

 ・「資金決済法の基礎・改正法の概要(仮想通貨について」(キャッシュレス決済に関する基礎知識)(平成29年)

  (千葉県主催)

  ・エキスパート研修「駐車場契約を巡る実務問題Q&A」(平成29年)(東京都消費生活総合センター主催)

  ・エキスパート研修「不動産契約・媒介契約を巡る実務問題Q&A」(平成30年)(東京都消費生活総合センター主催)

  ・エキスパート研修「不動産トラブルへの対応」(平成30年)(東京都消費生活総合センター主催)

 

 〔その他〕

 ・「実践、下請法講座」(平成23年)(広告代理店様、役職員コンプライアンス講演)(於:本社)

 

   

●弁護士 渋谷和洋 

・経歴

 学歴 神奈川県立七里ヶ浜高等学校・中央大学法学部法律学科卒業
資格 弁護士
所属 第一東京弁護士会
主な経歴
平成11年11月 司法試験合格
平成13年10月 弁護士登録(54期)
平成13年10月 シグマ麹町法律事務所(旧シグマ総合法律事務所)入所(勤務弁護士)
平成18年10月 銀座町法律事務所入所(パートナー弁護士)
平成24年1月  N&S法律知財事務所入所(パートナー弁護士)
(日本弁護士連合会関係)
日弁連消費者問題対策委員会委員(平成20年〜)
日弁連代議委員(平成20年度)
(第一東京弁護士会関係)
第一東京弁護士会消費者問題対策委員会委員(平成17年〜現在)
第一東京弁護士会消費者問題対策委員会副委員長(平成20年〜現在)
第一東京弁護士会常議員(平成20年度)
第一東京弁護士会綱紀委員会委員(平成21年〜現在)
(ADRなど)
財団法人日本クレジットカウンセリング協会弁護士カウンセラー(平成21年〜現在)
東京三弁護士会金融ADR仲裁斡旋人(平成23年〜現在)
(出身大学関連)
中央大学法学部兼任講師(平成18年〜現在)
 

 

▲このページのトップに戻る