成年後見の申立て                                   ≪個人のお客様

◆任意成年後見契約、移行型任意成年後見契約を利用して将来の不安の解消を

配偶者に先立たれたり、配偶者が認知症などの病気に罹ってしまい頼れなくなったしまった場合、将来に不安を覚えることは誰にでもあることです。

万が一、自分が認知症になってしまうなど意思能力が減退しても、自分の後生は、子や親戚縁者、親友など自分が信頼できる知った人に予め老養看護・財産管理等を委任する「任意成年後見契約」を公証役場において締結していると安心です。

また、現在はお元気な高齢者であっても、心身の衰えあるときは通常の委任契約で対応し、将来の認知症等の能力の衰えに事前に防衛するものとして任意成年後見契約で対応し、そして死後の親族間の財産争いを事前に防衛するものとして遺言で対応するといった公証役場を利用した「移行型任意成年後見契約」「公正証書遺言」のご利用はさらに安心です。

しかし、誰でも事前にこのような準備ができるとは限りません。不慮の事故や病気の進行が早い場合、既に自分の意思能力がほぼ失われているケースがあります。本人を介護付き有料老人ホームに入れるには本人の財産を売却するほかないのに、このままでは売り主としての能力がないため売るに売れないなど不都合があります。その場合、家庭裁判所で本人に身内の方や弁護士を後見人候補者とする後見手続の開始を申し立てることから始めなければなりません。

CIMG1818.1.jpg
公証役場での任意成年後見契約や家庭裁判所での成年後見申立等に
ご協力申し上げております。

 

 

法律相談の予約はお電話で

03-6272-5570

 

▲このページのトップに戻る